【2024】電気シェーバーならこれ!メリットや選び方のコツ!

【2024】電気シェーバーならこれ!メリットや選び方のコツ!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

男性なら1つは持っていると思われる電気シェーバーですが、実は剃刀をお使いの方も多いです。

今回は、電気シェーバーのメリットや剃刀との違い、選び方のコツなどご紹介します。

また、アマゾンで人気の電気シェーバーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

トレトレ

楽天・アマゾン・ヤフーなら探し物が見つかるかも?!
参考になったら、嬉しいです!^^

目次

電気シェーバーのメリットは?

電動シェーバーを使用するメリットについて、まず解説します。

一番のメリットは、刃が直接肌に触れない設計のため、肌への負担が軽減される点です。

また、使い勝手が良く、迅速に処理が可能な点、耐久性が高く、長期間にわたって使用可能な点もメリットになります。

その点、電動シェーバーは、刃が肌に直接触れない設計になっているので、肌トラブルが少なく、敏感肌の人でも安心して使用できるのも嬉しい点ですよね。

さらに、乾燥した状態でも素早く髭を剃ることができるので、使用しやすい点も挙げられます。

耐久性に優れている点も、電動シェーバーの大きな特長で、本体の寿命は長く、替刃の交換もそれほど頻繁に必要とされません。

ちなみに、替え刃は、一般的に、外刃は1年ごと、内刃は2年ごとの交換が推奨されています。

電動シェーバーにはデメリットもある

電動シェーバーを使用するなら、デメリットも押さえておきましょう。

まず、完全な深剃りが難しい点、剃りにくい箇所がある点、定期的な充電とメンテナンスが必要な点、初期投資が高めな店などが欠点です。

電動シェーバーは、刃が肌に直接触れない構造なので、カミソリに比べると深剃りがしにくく、時には髭が残り、完全な滑らかさを実現するのが難しい所もデメリットでしょう。

また、電動シェーバーのサイズが大きめなことで、顎下や鼻の下など特定の箇所を剃る際に苦労することがあり、細かい部分の処理が難しい点もあります。

さらには、使用後の充電や清掃などのメンテナンスが必須で、この点が面倒に感じることもあります。

内刃や外刃の定期的な清掃や、刃へのオイル注油は欠かせないので、メンテは必須です。

電動シェーバーはカミソリに比べて初期投資が高くなりがちで、高性能なモデルほど価格も上がり、購入には数千円から数万円が必要な点もまた、デメリットの1つとして考えられます。

カミソリと電動シェーバーの違い

カミソリと電動シェーバーは、それぞれ違う構造を持っており、使用感や効果にも大きな違いがあります。

カミソリは、刃が肌に直接接触して髭を剃る仕組みで、刃の形状にはT型やL型があります。

特にT型カミソリは髭剃りにおいて広く使われています。

また、シェービング剤と併用することで、肌へのダメージを軽減し、なめらかな剃り心地を実現します。

一方、電動シェーバーは、刃が肌に直接触れないよう設計されており、外刃の下に配置された内刃が髭を削り取る方式を採用しています。

これにより、肌へのダメージが少なく、シェービング剤を使わずに髭を剃ることが可能です。

また、回転式やロータリー式など様々なタイプがあり、使用者の好みや髭の特性に合わせて選べます。

電気シェーバーの選び方のポイント

>>【2024新登場 & 日本製刃】 シェーバー メンズ 髭剃り 電動

電動シェーバー選びの基本は、自身の髭の特性や肌質に合ったモデルを選択することが重要です。

例えば、濃い髭を深く剃りたい方や敏感肌で肌への優しさを求める方は、それぞれのニーズに合ったシェーバーを選ぶべきです。

シェーバーは主に2種類ある

シェーバーは大きく「往復式」と「回転式」の二つのタイプに分かれ、各々が異なる特性を持っています。

以下は二つのタイプを比較した一覧です。

【往復式と回転式の比較】

  • 往復式:深剃りに優れ、剃る速度も速いが、騒音が大きいことが欠点。
  • 回転式:肌へのやさしさと静音性に優れていますが、深剃りが若干難しい。

往復式シェーバーは、ひげを外刃で捉え内刃が左右に高速で動くことでカットします。

このタイプは、濃いひげや早剃りを望む方におすすめです。

一方、回転式シェーバーは、内刃が回転し、肌に優しくフィットして剃ります。

静かな剃り心地を好む方や敏感肌の方に適しています。

シェーバーの価格差

シェーバーの価格差は、搭載されている機能や刃の枚数によって異なります。

上位モデルでは、より高性能な刃や便利な機能が搭載されています。

刃の枚数が多いほど、刃にかかる圧力が分散され、肌への負担が軽減されます。

また、自動洗浄機能やお風呂剃り対応などの機能が付いているモデルは、より高価格になりがちです。

アタッチメントの種類

アタッチメントの有無も、選択の重要なポイントです。

例えば、もみあげやひげを整えるトリマーや、洗顔ブラシ、美顔器ヘッドなど、さまざまなアタッチメントが付属しているモデルもあります。

電源タイプは3種類

電源タイプには、「充電交流式」「充電式」「乾電池式」の3種類があり、使用環境や目的に応じて選ぶことができます。

充電交流式は、常にフルパワーで使用できる一方で、充電式はお風呂での使用に適しています。

乾電池式は、持ち運びに便利で、比較的安価です。

あると便利な機能

便利な機能としては、お風呂剃り対応や水洗い可能なモデル、自動洗浄機能やキワゾリ刃、アプリ連携機能が挙げられます。

これらの機能は、使い勝手を大きく向上させ、シェービングの体験をより豊かにします。

電気シェーバーのおすすめはこれ!

こちらの製品は、アマゾンでも大人気の2024年の新作です。

トリマー付きで、低騒音など、1人暮らしの男性の方にもおすすめで、価格も安いのが魅力ですよね。

製品の特長

  • このシェーバーは、3D回転式のフレキシブルヘッドを特長としており、3つの独立した動く刃が顔の曲線に密着しながら、内外の刃の摩擦で鋭い切れ味を保持します。高速で動作するモーターにより、効率的な剃り心地を実現し、肌への負担を軽減しつつ、迅速にシェービングを終えることが可能です。さらに、髭の濃密さに応じて、使用者が最適な剃り速度を選べる機能も備えています。
  • LCDディスプレイを搭載しており、バッテリー残量や洗浄時の提示、セキュリティロック状態が一目で確認でき、操作が簡単です。USB充電式であり、一度の完全充電で最大約30日間使用可能。急な使用にも対応できるよう、5分間の短時間充電で一回のシェービングが可能です。
  • 髭の密度を自動で感知し、パワーを調整する機能が搭載されているため、剃り残しの発生を抑えます。また、人間工学に基づいた設計で、アジア人の手にフィットする握りやすい形状をしており、軽量でコンパクトなため、長時間の使用でも疲れにくく、携帯にも便利です。
  • IPX7の防水性能を備えているため、水での洗浄はもちろんのこと、シェービングフォームやジェルを使用したウェット剃りにも対応しています。メンテナンスも簡単で、常に清潔な状態を保てます。
  • 製品パッケージには、シェーバー本体、保護キャップ、クリーニングブラシ、USB充電ケーブル、取扱説明書が含まれています。

電気シェーバーのおすすめについてのまとめ

それでは、電気シェーバーのメリットや剃刀との違い、アマゾンで人気のおすすめ商品などご紹介してみました。

電気シェーバーは男性なら必須のツールだと思いますが、剃刀との違いも考えたうえで、自分にあった商品を選ぶようにしてください。

トレトレ

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次