【2024最新】楽天コボとキンドルのどちらを選ぶべき?楽天ならポイント使える!

【2024最新】楽天コボとキンドルのどちらを選ぶべき?楽天ならポイント使える!
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

楽天コボとキンドルは、電子書籍の二大サービスですが、どちらを選ぶべきかで迷ったことはありませんか?

私の場合、購読も出版もやりたかったのと、楽天コボの方が欲しい書籍が多かったのと、アプリを使えばリーダーもいらないことで、楽天を選びました。

今回は、電子書籍リーダーの楽天コボとキンドルの違いや選び方のポイントなどご紹介します!

トレトレ

楽天・アマゾン・ヤフーなら探し物が見つかるかも?!
参考になったら、嬉しいです!^^

目次

電子書籍リーダーの選び方: Kindleと楽天Kobo

電子書籍リーダーの市場で二大ブランドと言えば、AmazonのKindleと楽天のKoboです。

どちらにするか迷っている方も多いと思いますが、実は、両者の機能や性能に大きな差はありません。

どちらも読者目線で設計された優れたデバイスなので、好みで選んでも大丈夫なんですね。

選び方のポイント

選び方のポイントは、あなたが普段よく利用するサービスかどうかです。

つまり、Amazonを頻繁に使用しているならKindle、楽天をよく利用しているならKoboがおすすめなんです。

シンプル過ぎるかもしれませんが、この方法で選べば、選択はぐっと簡単になります。

どちらのデバイスを選ぶべきか?

Kindleは、Amazonを頻繁に利用する方、Amazonプライム会員、そして広範な書籍の品揃えを求める方に最適です。

一方、Koboは楽天を多用する方、楽天のサービスを活用している方、高いポイント還元率を望む方にぴったりのデバイスです。

ちなみに、アプリを使う場合、無料で利用でき、本だけの値段で済むこともあります。

もし、家の中でしか読まないなら無料のデスクトップアプリなどを利用し、外では電子書籍リーダーを選ぶなんてのも1つの方法です。

KindleとKoboの端末の違い

KindleとKoboの端末はどちらも、目に優しいディスプレイ、薄くて軽いデザイン、長時間持続するバッテリー、そして明るい場所でも暗い場所でも読みやすい画面を特徴としています。

これらの共通点は、他のスマートフォンやタブレットにはない、電子書籍リーダー特有の魅力です。

違いですが、販売されている端末の種類や価格によってわずかな差があります。

性能や機能面での大きな違いはありませんが、同じスペックの端末でもKindleとKoboで価格などが違う場合もあります。

結局のところ、どちらのデバイスも優れてるので、利用習慣や好みによって選べばOKです。

Kindleで一番おすすめは「Paperwhite」

Kindle Paperwhiteは、日本で非常に人気があり、売れ筋の電子書籍リーダーです。

その人気の理由は以下の通りです。

  • 防水機能付きで、風呂やビーチでも安心して読書を楽しめる。
  • バッテリー寿命が長く、コストパフォーマンスに優れている。

6.8インチの画面サイズは読書に最適ですし、205gの軽量設計により携帯性にも優れています。

また、上位モデルの「Kindle Paperwhite Signature Edition」はワイヤレス充電をサポートしているので便利です。

ただ、必要最低限の機能を求めるなら、コストを考えても、標準の「Kindle Paperwhite」が最適です。

楽天KOBOで一番おすすめは「Kobo Libra 2」

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/10 11:41時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Kobo Libra 2は、以下の特長を持つKoboシリーズの推薦モデルです。

  • 32GBの大容量ストレージ。
  • 防水機能を備え、安心してどこでも使用可能。
  • 見開き表示機能で、漫画や雑誌をより快適に楽しめる。
  • ページめくりボタンで片手操作が容易。

7.0インチの画面サイズと215gの重量は、持ち運びやすさと読書の快適さを兼ね備えています。

ページめくりボタンは、濡れた手でも簡単にページを操作できるので、とても便利です。

ちなみに、楽天のデスクトップアプリは無料で使えます。

>>楽天KOBOのデスクトップアプリ

コストを重視するなら「Kindle(無印)」

KindleとKoboの最も手頃なモデルを比較すると、Kindleの基本モデルが14,980円、Koboの最も手頃なモデルであるNiaが14,800円と、価格はほとんど同じです。

しかし、性能面ではKindleが明らかに優れています。

例えば、KindleはKobo Niaよりも軽量で、ストレージ容量が倍あり、解像度も高いです。

なので、性能と価格を重視するなら、Kindleの基本モデルが最適な選択と言えます。

【番外】楽天コボではポイントが使える?

楽天コボでは、書籍の購入にも楽天ポイントが使えます。

なので、普段からポイントを貯めている方は、断然楽天KOBOをおすすめします。

楽天KOBOでも、英語の書籍なども手に入りますし、私の場合は、ベイクオフの書籍を楽天KOBOで買い、無料のデスクトップアプリを使っての、スマホのレンズで撮影からの翻訳などもやっている所です。

ちなみに、楽天KOBOの本はPCからのスクリーンショットが撮れないので、英訳する時には、スマホのレンズ機能を使うと良いと思います。

日本語訳についての詳しい記事はこちらからどうぞ。

>>楽天KOBOの英語の書籍をアンドロイドで日本語翻訳する方法!デスクトップアプリと併用?

楽天KOBOとKINDLEのどちらがお気に入り? まとめ

それでは、楽天コボとキンドルの違いやスペック、選び方のポイントなどご紹介してみました!

私は断然楽天KOBOが良いと思いますが、書籍が多いのはキンドルの方ですし、書籍リーダーの性能で考えるなら、こちらもキンドルの方が良いかと思います。

ただ、ポイントを使える点は非常に魅力的なので、楽天ユーザーの方にはコボをおすすめします。

ちなみに、私はこちらの書籍を購入し、こちらのページなどでレシピを配信しています。

電子書籍リーダー選びの参考になりますように。

トレトレ

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次