かぼーちょうで南瓜がスパスパ!これ便利すぎない?包丁でここまで!

かぼーちょうを使ったことある?南瓜がスパスパ切れてストレスフリー
「アフィリエイト広告を利用した記事があります」

 

南瓜の料理やスイーツは美味しいですが、どうしても調理が面倒で、手作りするのを避けたりはしていませんか?

そんな南瓜のカットにお悩みの方は、ぜひかぼーちょうを使ってみてください。

私も南瓜のカットには毎年悩まされていましたが、かぼーちょうのお陰で家庭菜園の南瓜も、もうスッパスパです!

トレトレ

楽天・アマゾン・ヤフーなら探し物が見つかるかも?!
参考になったら、嬉しいです!^^

目次

かぼーちょうの特徴3選!

「かぼーちょう」は、通常の包丁とは一線を画する、かぼちゃのような硬い食材を簡単に切り分けることができる特殊な包丁です。

この包丁の最大の特徴は、かぼちゃなどの固い食材に対して、少ない力でスムーズに切れる点です。

南瓜は固くて切りづらいですし、料理にもスイーツにも使えるのに、切るのが面倒で使わない方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

では、かぼーちょうって他の包丁とどこが違うのか見ていきますね。

①:独自設計:グリップの設計

グリップは刃と対角線上に配置されていて、独特のフォルムが食材に対して効率良く力を伝えることを可能にします。

さらに、エラストマー素材を使用した滑りにくいエッグシェル形状のグリップにより、安定した握り心地を実現しています。

②:独自設計:刃の材質と形状

刃はモリブデンバナジューム鋼を用いた両刃仕様で、厚みのある食材でも容易にカット可能です。

また、刃の背中には「ぽっこり背山」形状があり、かぼちゃのような硬い食材でも両手を用いて安全にカットできる設計が施されています。

③:独自設計:安全性の配慮

刃先には安全性を考慮した丸型加工が施され、グリップの前方には手の前滑りを防ぐ「ツバ」が装備されています。

その他の特徴

  • 用途の広さ: かぼちゃだけでなく、さつまいも、おもち、肉類、魚類など、さまざまな硬い食材の調理に適しています。
  • 素材と耐久性: 刃部分はモリブデンバナジューム鋼、柄部分はポリプロピレンとオレフィン系熱可塑性エラストマーでできており、耐熱性に優れています。
  • サイズと重量: 全長約25.5cm、刃渡り約14cm、本体重量約155gで、使いやすい重さとサイズに設計されています。

このユニークな包丁「かぼ-ちょう」は、台湾で生産され、調理の効率と安全性を高めるために、緻密に考えられた設計に基づいています。

料理をする際のストレスを軽減し、楽しく調理できるアイテムなんですね。

悪い口コミはなし

まず、かぼーちょうの悪い口コミなんですが、見つかりませんでした。

私も使っているのでわかりますが、本当にスパスパ切れてストレスフリーなので、買った方は皆さんが満足されている証なのかもしれませんね。^^

良い口コミ

良い口コミは割と沢山あります。

そうなんですよね。包丁が切れないとついつい冷凍のを使っちゃいます。

切れ味は本当に良くて、いつもの半分の力で切れます。

毎年家庭菜園の南瓜が採れる度に、切るのが面倒でなかなか使えなかったんですが、かぼーちょうがあるとスパスパ切れるので、毎年の南瓜料理が楽しくなりました。

かぼーちょうの写真

ちょっとユニークな形ですよね。

本当は緑が欲しかったんですが、人気なのか、黒しか買えませんでした。(-_-;)

こんな感じに、一刀両断です!

南瓜を一刀両断

かぼーちょうはプロ版もある!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

かぼーちょうにはプロと書かれている商品もあるんですが、普通のかぼーちょうと何が違うのかが気になりますよね。

実は、かぼーちょうプロには「かぼーちょう プロ」と「かぼーちょう プロ21」の2種類があり、どちらも家庭用ではなく、業務用(食堂や給食センターの厨房など)みたいです。

なので、もしプロを探すなら、楽天ならすぐに出てくると思いますが、カテゴリーから探すのであれば、学校給食などの「プロ用刃物」のジャンルから探してみましょう!

性能面も価格も違うのですが、プロだと価格がやや高くなる分、長持ちするような設計になっているみたいです。

かぼーちょうについてのまとめ

それでは、かぼーちょうの口コミや実際に使ってみた簡単なレビューをご紹介してみました。

南瓜の種類によっては力がそこそこ必要なタイプもありますが、それでも普通の包丁と比べたら、半分くらいの力で南瓜が切れます。

特に、男性よりも力が弱い女性は南瓜を切る時に、時にはまな板の上で滑って怖い思いをしたことがあるかも?!

そんな方には、ぜひ、かぼーちょうを使ってみていただきたいです。

トレトレ

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次